★LIVE TOUR 2017 「がらくた」桑田佳祐in宮城

全国TOUR中の、桑田佳祐LIVEが11月30日・12月1日の2日間に渡り、宮城セキスイハイムスーパーアリーナで行われた。

東日本大震災において、最大の遺体安置所となった当会場。

現在も未だ完全復興には至っていないが、被災地支援の最前線としてその機能を果たした。

収容人数は7,063人。「アリーナ」・「スタンド」席、宮城では最大の会場である。          

 

桑田佳祐といえば、知らない人がいない位有名なミュージシャン。

シンガーソングライターであり、サザンオールスターズのリーダー。

個人的には、曲に関して似たようなパターンがいっぱい出て来るが、飽きる事はない。

これまで、何度かコンサートに行ってみたいと、チケット確保に挑戦したが、叶わなかった。

今回たまたまNET情報から入手を試みて、やっと叶った。

実は今回もほとんどあきらめていたし、一生彼のステージには縁がないと思っていた。

 

仙台までは車で移動だが、鳴子あたりからは桑田テンションに盛り上げる為、今回ツアータイトルの「がらくた」CDをボリュームを上げて聞く。

もう数時間でこの人の「生ステージ」が待っていると思うと、自ずとテンションも上がる。

午前11時には目的地周辺に到着。

先ずは昼飯を・・・・と辺りを見回し、回転寿司に入る。景気づけに(あんたが景気をつけてどうする?)ハイボールを飲む。これから先は運転しないので、堂々と・・。結局2杯飲んだ。

何のライヴもそうだが、「コンサートグッズ」が販売されているので、今回も一応チェックしてきた、タオルとTシャツは手に入れたいと・・。                             

 

 

午後3時半には会場に向かい、グッズ売り場へ。

それにしても大きな会場である。

すでに多くの人が群がっており、購入したタオルをマフラーがわりに首に巻いている人が多い。

私的には、こうしたグッズは記念として保管するタイプで、今までもほとんど使った事がない。

天気は晴れだが風が強く、寒さには慣れている秋田育ちの私でも「寒い」と感じる。ズボン下と(笑)、キルティングジャンパーを着て来て本当に良かったと感じた。

目当てのグッズも購入し、開演まではあと2時間半もある。

周りには店などもなく、どうやって時間を潰したら・・・・・・と、周りの人を見ても、この寒空に外に座り込んでいる。凄い「忍耐力」を感じた。

開場1時間前には、人々が列を作り始めた。

スタッフの誘導ボリュームも上がって来た。

私もその中に加わる。1時間きっちり待ち、いよいよ開場。

でも、チェックが続く。まずは手荷物検査(それほど大げさなものではなかった)。

そしてチケットと引き替えに席順と氏名がプリントされたさらなるチケットが発行されるが、身分証明が必要。運転免許証で通過した。やはり様々な事件が起こっているコンサートや握手会など、チェックは厳しい。

最後にLEDブレスレットを手渡され、やっと入場。

「アリーナ」席は、ファンクラブのみなさんが占めていると思われ、クラブ会員の特別なジャンパーや(これは高そう!2万~3万円は確実だ)Tシャツを着た方々だ。

属に言う一般客の私達は「スタンド」席。それでもステージに近い場所だったのでラッキー。

こうした何とかアリーナでのライヴ鑑賞に備えて準備したコンパクト双眼鏡。そうは言っても結構なお値段だった。

桑田が現れるであろう、ステージ中央にピントを合わせる。

アリーナ席では、応援団長的な人が「これから、何とかの練習を始めます」と言い、人ウエーブの練習などが始まった。さすが、日本のトップアーティストは「格」が違うと痛感した。

 

 

開演5分前には、アンコールのような手拍手と「くわた~」とあちらこちらから歓声が聞こえる。私にとっては、こういうのは初体験だった。

曲が始まった瞬間大声援と共に、全員総立ち!。遅ればせながらと自分も腰を上げたが、とても座って見ていられるような状況ではなかった。いよいよライヴのスタートだ!!。

とにかく、大音響はもちろんだが、音質も良い。私が特に気に入ったのは、ドラムスとパーカッションの切れ味鋭い音質だ。

ライヴタイトル「がらくた」CDの曲が続く。

数曲後、桑田のトーク。コンサート中、何度も「還暦も過ぎたし・・・」と言っていたが、なんのなんの、足も上がるしそんな年には見えない。が、その陰には厳しいトレーニングを積んで来たに違いない。

「何か質問などありますか?」と客席に問いかけ「桑田さん、今日のパンツは何色?」と質問したおばさんがいたが、秋田から来たらしい。「見せましょうか?確か黒だったはず・・・」と答えていましたが、「わざわざ秋田かた来たのに、パンツの色ですか?」と会場を笑いの渦に巻き込んだ。

バラード曲だけは、みなさん着席したが、それ以外はずっと立ちっぱなし。

ふと手首にまいたLEDライトは、いつ点灯するのか???。正直手拍子をしていると邪魔だ。

そうこうしていると点きましたね。バラード曲でやっと座ったのに今度はライトを振らないといけない。赤・青・オレンジ・ピンク・白・黄など、覚えているだけでもこれだけの色がありましたね。7,000人が一斉に振るライト・・・、幻想的だ。これがステージに立つ「桑田」ただ一人に贈られる・・・。

アリーナ席ファンクラブのみなさんの動きにスタンド席も合わせる。

客層は、30代前半から70歳くらいまでか???。

中高年のパワーは半端ない!!!!!!!!!!!!!。

 

 

それにしても、LIVEではハチャメチャに騒ぐ「桑田」のイメージしかなかったが、そこはさすがに還暦も過ぎたし・・・のとおり、時には笑いも誘っていたが、落ち着いたイメージだった。

歌唱もLIVEならではのノリで、多少崩すのかな?と思っていたのだが、きっちり歌い上げており、見事だった。

「悲しい気持ち(JUST A MAN IN LIVE)」は桑田のソロデビュー曲。

「JUST A MAN IN LIVE OH YHA YHA YHA」の7,000人の大合唱。7,000人が歌うと想像をはるかに越え、もはや巨大な宗教団体の集まりか?と思える程。ある意味「桑田教」であるが・・・・。

思わず涙がこぼれそうになった。                                    

 

こうしてアンコール含め約3時間のコンサートは過ぎて行った。

9,000円のチケット代だったが、それ以上の価値は充分にあった。 

女性ファンが多いのかな?と思っていたが、男性の方が多かった気がする。

恋人同士はとうに過ぎ、熟年の夫婦が目立った。               

 

会場を後にし、それぞれの人生に戻って行く。

私の後ろを早足で過ぎて行った30代くらいの男性二人の会話でこの記事を締めくくる。   

 

「いや~、桑田は凄いよなあ~、涙が出て来たよ」、

「うん俺もそうだった」。

「色々あるけど、明日からまたがんばろうな!!」、

「そうだな!!」。

 

| | コメント (0)

●自分の居場所

秋も深まり、天気予報にも「雪」マークがつき始めた。

周りを見ると冬支度も急ピッチで進んでいる。

一言で「冬支度」とは言うが、自宅・小屋・車庫など、また樹木は雪で潰されないように囲う。

さらには、車のタイヤ交換など、降雪地方特有の作業である。

「除雪機」の整備点検も忘れてはならない。

こうして、間もなく降り積もるであろう「雪」に万全の備えが必要となる。               

 

11月も中旬を迎え、残り1ヶ月半となった2017年。

今年は例年になく「獅子舞番楽」のイベント出演が多かった。

もう11月前半には「幕納め」といい、今年一年の行事を終えるのだが、19日の「まいーれ定期公演」が控えている他、2018年早々の公演もあり、「幕納め」が延期されている。

お獅子様も多忙な一年で、なかなか休ませてもらえない現状となっている。

 

 

一人の人間として生まれ、死んで行く人生だが、何か目標を持っている人は活き活きしている。例え高齢者であってもそれは同じ事が言える。

*目標があるか?

*自分の居場所があるか?

*自分は必要とされているか?

1年の切り替わりや年度の切り替わりなど、その節目に問いかけてみてはいかがでしょうか?

Dsc_0018

 

| | コメント (0)

■第140回秋田県種苗交換会in由利本荘市

秋田県最大の農業イベント「種苗交換会」が、10月31日~11月6日の7日間に渡り、由利本荘市で開催された。

タイトルが「種苗交換会」という、やや堅苦しい名称も私達秋田県人には馴染みが深い。

何せ、その開催回数たるや、「140回」。

また、全国でもこのようなイベントは秋田県独自のもの。

 

明治11年、「種子交換会」として始まったのが現在の「種苗交換会」の原点らしい。

当時の秋田の農業は、課題だらけで市場における「秋田米」の評価を落としていた。

先人達のたゆまぬ努力の結果、日新・日露・太平洋戦争中でも、一度も休会しなかったと伝えられている。

「農の心と技」を「話し合い・ふれあい・助け合い」の3心によって広めようとした熱意がこの継続回数にも伺える。

「先人に学び農業の未来をひらく」・・・・・、実に意味深くもあり、現在の農業にも通じる言葉と思う。

 

あれから140年、現在の農業を先人達が見たら何と言うのだろうか?

驚くべき発展を遂げている各種機械陣。確かにこれにはビックリするでしょう。

先に書いた「農の心と技」????。

「技」の中には、機械化や作物作付けノウハウが含まれると思うが、

「心」→「話し合い・ふれあい・助け合い」は果たしてどうだろうか?

この技と心のバランスは取れていない気がする。

昔も課題が多かったと思うが、現在も農業政策や担い手不足など、抱える問題は少なくない。

それでもからだが動く限り、先祖が守り抜き、受け継いだ農地を荒らしたくない一心で、がんばっている人達。

これが小さな農家達の精一杯の「力」であると思う。

*歴史と誇りある看板

Img_0591

*きれいに飾りつけた花と果実

Img_0590

*大勢の人達が訪れる

Img_0592*昼食&休憩

Img_0596
*なぜか秋田県人の心引かれる「筋子」と「たらこ」

Img_0598
*何と言ってもここだけは外せない「機械展示場」

Img_0604
*雨模様にもかかわらず、人出が多い

Img_0605
*最もスタンダードなトラクター

Img_0607

Img_0611
*こういう大型トラクター、一体どんな方が買うのでしょうか?

お値段何と、1千?百万円也。

また、来年も行きたいですね。

 

 

| | コメント (0)

◆一番大事なものは何?

10月も最終日を迎え、間もなく11月に入る。

今年は「秋」、特に10月に入ってからは好天に恵まれず、農家のみなさんは刈り入れに苦労した。

未だ田んぼに残っている黄金色を通り越した「稲」を見ると、かわいそうに思えて来る。       

 

今年一年を振り返るような時期に来たが、自らを省みると、アッという間の一年である。

鏡に映る自分の顔、いつの間にか随分年老いている。

行事などで撮った写真を見ても「え~っ!?、こんなになってるんだ~」と、少なからず気落ちしてしまうが・・・・・。

裏を返せば、気持ちは少々「若い」と判定すべきなのだろうか?

 

一番大事なものは?「友達」とか言っていた頃がなつかしい。

「友達」とは、何をもって「友達」なのか?そのものさしの基準さえも今は良くわからない。

 

とてもお世話になった人、助けてもらった人など、自分が感謝している方々の名前や顔は忘れないが、若い頃、「友達」だと思い込んでいた人の中には、名前さえ思い出せない人も多い。

今一番大事なものは?と問われれば、迷わず「家族」と答えるだろう。

まだ自分が二十歳過ぎだった頃、一緒に働いていた「おばさん」(推定だが、五十歳位?)が、「年齢を重ねる程、自分の旦那の良さがわかってくる」と、しみじみ語っていた。

当時は、何言ってるんだ?おばさん?・・・・・と思っていたが、その意味がだんだんわかって来たような気がする。

そう、その年齢に達して初めて見えて来るものや、容姿だけではない「味」や「良さ」がフェロモンとして出て来るのだと思う。

そんなフェロモンが自分からも出ているのか?

いささか疑問だが、こればっかりは「努力」で勝ち得るものではない気がするのだが、果たしてみなさんはどう思いますか?

| | コメント (0)

♪津軽三味線と和太鼓の調べ

10月15日、民族芸能伝承館「まいーれ」にて、「津軽三味線と和太鼓の調べ」と題した10月度定期公演が行われた。

事前予約制ですでに席を確保していた私は、仲間3人を連れて会場へ向かった。

こうして素人ではあるが、和太鼓演奏、獅子舞番楽に携わっている関係上、この定期公演は願ってもない機会。

期待を膨らませ会場へ入ると一足先に入った仲間が、最前列の座布団席を確保していた。

3列目からは椅子が設置されており、確かに「最前列」はありがたいが、右大腿骨と腰に痛みを抱える私には、椅子席の方が良かった。

公演開始までしばらく時間があり、渡されたパンフレットと出演者プロフィールに目を通す。

さすがプロ。コンクールなどの成績や各地公演履歴、海外公演などが記載されている。

好きで入ったこの道なのだろうが、隠された努力や挫折など、数知れないと想像する。 

 

定刻となり、公演開始。

まずは、津軽三味線の二人。

津軽独特のメロディーラインだ。

生演奏を聞くのは「初」である。

沖縄から流れて来た曲もあるそうで、言われてみれば沖縄特有のラインを感じる事が出来た。

師匠と弟子の関係だそうだが、やはり師匠の方が格が上。

要所にそれを感じた。

演奏テクニックを何種類か紹介していたが、「へえ~、こんな弾き方をしているんだ!」と私には興味深かった。

民謡の曲もあったが、さすがに演奏だけの唄なしだと少々訴える力が弱いのかな?とは感じた。

最前列の変なじじい(私の事)、意外にノリがいいなあと思ったかも知れない。

 

次は和太鼓演奏。

登場は「なまはげ」だったが、これに関しては何度も見ているので、さほど驚きもせず、感動もせずだった。

ドラムセットのように組み合わされた大小様々な太鼓。これもあちらこちらで目にしているので、大体どんな奏法になるか?の想像は出来た。

ただ、シンバルをらせん状に切ったセットがあり、これはどんな音が出るのか?

いささか興味が湧いた。

太鼓のテクニックは大体把握しているので、高度なテクニックもすんなり入って来る。

篠笛の曲もあったが、本当に綺麗な音色だった。

いつか自分もあんなメロディーの太鼓曲を書いてみたいものだ・・・・。

さて、私が興味を示した「らせんシンバルの音色」は?、思った以上に普通のシンバル音で、やや濁りがかった音色と、余韻音が短いのが特徴と思った。

音そのものもそうだが、ステージにああいうものがセットされているだけで、目を引くという作戦(違うかも知れないが)も有りだと思った。

想像通りのハイテクニックが光った演奏だった。

たった二人で、あれだけの事が出来るんだ!と改めて感じた。                  

 

どちらのグループにも、最前列の変なじじいが(私)先頭を切って「アンコール」の拍手を贈ると、会場もそれに乗ってくれた。

体力勝負の部分もあるが、こうした「アンコール」は奏者にとって、うれしくもありがたいものである。

 

この二グループに共通するのは、「トーク」が上手く、おもしろかった。

時には互いを讃えたり、けなしたり・・・。

これもプロとしての「心構え」と思うが、ステージ構成上、なくてはならない演出とつくづく感じた。

とても勉強になったし、少しだけでも自分達のステージに取り入れできる様、がんばってみたい。

| | コメント (0)

▼10月9日

全国的に衆議院の選挙で大騒ぎだが、ここ由利本荘市は市議会議員の選挙もあり、22日は、ダブル投票日となる。

従って、来週(15日から一週間)は選挙カーが行き交い、市内も大賑わいとなる事だろう。

ほとんど関心がなかった政治だが、自分の生活環境や政策を少しは考える年齢になって来たと感じる。

 

さて、実りの秋を迎えたが、稲の生育は例年よりかなり遅く、もう10月も半ばというのに、刈り入れを待つ田んぼが多い。

例年ならばこの時期は、ほとんど刈り入れ作業は終わっている。

それに加えてこの天候不順が大きなブレーキだ。

統計を取っている訳ではないが、9月後半の好天期を逃すと、10月は晴天が続かない傾向にあるような気がする。

いずれ、稲刈りは完全に「天気次第」の作業なので、何とかこれ以上農家を悩ませて欲しくないと祈る。

 

気づけば、今年も残す所2ヶ月半となった。

お盆を過ぎると各団体の行事(イベントへの出演依頼など)は一気に終息するのだが、今年は、番楽が2回、太鼓も2回の出演を控えている。

秋の夜長を楽しむ余裕もなく、今年一杯練習などに明け暮れそうだ。

 

我が町が誇る「法体の滝」の紅葉も色づきが増している事と思う。

毎年開催の「紅葉まつり」、見事な紅葉と壮大な滝に、秋のひとときを楽しまれてはいかがでしょうか?

D81_7712

Dsc_0009

Dsc_0015

Dsc_0053

| | コメント (0)

★願ってもない大きな経験

第26回全国市町村交流レガッタ由利本荘大会の「歓迎レセプション」に演奏依頼をいただいた当保存会。

結成から27年だが、このように大きなイベントへの出演は初めてである。

会場は文化交流館「カダーレ」。

「全国大会」というタイトルがついているだけでも、尻込みしそうだ。

スタッフの方々の指示に従ったのだが、演奏までの時間にあまり余裕はなかった。

今回は当ブログの管理人が、VTR撮影などで同行してくれて、心強い味方を得た。

 

今回初ステージのメンバーが1名。

わずかな練習期間にもかかわらず、出場の決意をした「勇気と度胸」には拍手を贈りたい。

1年前ほど前から本メンバーと練習を共にしている、男子奏者が1名。

現役女子高校生が1名。

このメンバー以外は、それこそベテランプレヤーの面々だ。

 

この「カダーレ」という会場、太鼓演奏は今回で3回目。他に獅子舞番楽で1回。4回目のステージではあるが、迷路のような作りは超方向音痴の文責にとって「苦手」以外の感想は思い浮かばない。

誰かについて行かないと(トイレさえも)迷子になってしまう。

駐車スペースは、こういうイベント会場にもかかわらず、スタッフや出演者の分がやっとで、観客のみなさんが利用できるとしたら、ほんの数台程度である。今回は会場の話ではないので、この位で止めるが・・・・・。

①ちっちゃな集落で結成されているメンバーなので、親子や夫婦なども珍しくはない。ありったけ照れながらの撮影。

Img_0514
②初出場の母だが、演奏者としては先輩の娘。この娘と孫の晴れ舞台に応援に駆けつけた「お母さん」。そうですよね。お気持ちお察しいたします。

Img_0528

③観客の数など想像もつかなかったが、何と1,000人以上とか・・・・。立食パーティー式の会場だったが、ステージからでも後ろのテーブルは確認出来なかった。乾杯後の演奏なので、少しざわついていたが、静寂よりは余程心地良い。ともかく、演奏スタート。演奏前の、どことなく緊張感漂う「紋章」。

Img_0530④演奏スタート。心地良い反響効果があり、思った以上の迫力でお客さんには伝わっていると感じた。

Img_0529

Img_0535

Img_0536⑤1曲目は「東(あゆ)の風」。かみ合わないと、とんでもない方向へ行ってしまう難しい曲。引っかかる場面は何度も練習して来たが・・・・・・・・・・・・・。

Img_0540

Img_0543

Img_0546⑥やはり「引っかかって」しまった。しかし、挽回箇所は準備してあり、後半盛り上がり部分だ。全員声を出しながらの演奏で、誰が見ても「曲のラスト」を感じる。「終わり良ければ、全て良し!」。2曲目には、メンバー得意の曲が控えており、充分巻き返しは可能。気持ちを切り替えて、1曲目を終了。2曲目スタート。

Img_0556_2

Img_0559

Img_0563

Img_0567

Img_0568

⑦さすがに自信を持っている曲だけの事はある。1曲目のミスをカバーしようと若干「力み」が見えたが、曲の要所では拍手をもらった。

初出場の彼女曰く、「曲のスピードが速すぎて・・・、ついて行くのが精一杯だった・・」。そうなんです。練習と本番では、緊張の度合いがまるで違うので、どうしてもテンポは走りがちになってしまう。何度もステージの経験を積むと、こういう状況も難なく乗り切れるようになって来るのだ。

演奏終了時にいただいた声援と拍手は、私達に唯一「達成感」を与えてくれる。

こんなに大勢の観客の前で演奏したのは、初めての事。

機会を与えていただいた関係者のみなさんに、心より感謝申し上げます。

また、今後を大いに期待される新人さん達にとっても、願ってもないチャンスを与えていただいた。

この経験が必ずや、今後の演奏活動のみならず、生きて行く糈となってくれると期待している。

| | コメント (0)

■第26回全国市町村交流レガッタ由利本荘大会

日本列島を縦断した台風18号。

各地に深い傷跡を残した。

こうした自然の大きな力には、手も足も出ない。

災害に遭われた方々には、心よりお見舞申し上げます。

 

第26回全国市町村交流レガッタ由利本荘大会が、来る9月23日(土)~24日(日)に行われる。秋田県からも14グループが出場するようだ。

会場は「子吉川ボート場」。

初日の23日には、公式練習・競漕会予選、夕方には文化交流館「カダーレ」において、「開会式」・「歓迎レセプション」が行われる。

何と恐れ多くも、この全国レベルの大会歓迎レセプションに我々「前ノ沢太鼓保存会」が演奏させていただく事になった。

この為の練習を重ねているが、大会の大きさに飲み込まれそうになる。

それはともかく、悔いなく自分達の演奏が出来るよう、精一杯務めたい。

 

| | コメント (0)

▲祭の裏作業-②

9月10日。

祭り当日、神事が始まるのは午後1時30分。

昨夜の宵宮のアルコールが少々残るが、朝8時集合。

春の祭りで建てた単缶パイプの骨組みだけが残る「舞台」にコンパネ板を敷いたり、飾り付け作業から始まる。

①コンパネ板は特製で、大人数十人が上がっても全く問題ない強度があり、それゆえ、大の大人が持ち上げるにも音を上げる位重い。

Img_0455

Img_0456

Img_0457

Img_0458

Img_0459_2

Img_0460_2

Img_0461_2

②当日の空模様が妖しく、午前中には「雨」が降って来るとの天気予報をキャッチ。早速雨対策に乗り出す。舞台の屋根にブルーシートを張る。

Img_0462

Img_0464

Img_0465

*紅白の幕で舞台を彩り、これで舞台は完成。

一体舞台で何をやるのでしょう?

春は婦人会の踊りが中心だが、秋は番楽が主体となる。

しかし、踊りや番楽を担当する婦人会・番楽講中が準備の為席を離れると、もう数人しか残らない。

以前も同じ事を書いたが、「観る者」がいなくなるのである。

確かに神様に奉納する「踊り」であり、「番楽」ではあっても、観る人が多ければ自ずとテンションも上がり、盛り上がる。

これは大きな問題として捕まえ、進行プログラムや、祭り運営での工夫をしないと、今後に繋がらなくなってしまう気がする。

Img_0497

Img_0504

| | コメント (0)

▲祭の裏作業-①

毎年恒例の「諏訪神社祭典」(作祭りとも言う)が9月10日に行われた。

これまで当ブログは何度も紹介している為、「祭り」そのものの掲載は省略し、その裏方にスポットを当ててみる。

①神社境内と町内会館周辺の草刈り及び掃除は、祭り前日の朝5時30分からスタート。

Img_0435

Img_0436

Img_0438

Img_0439

Img_0440

②祭り「旗」の準備と設置。春は「直根神社」の旗が掲げられるが、秋は「諏訪神社」の旗が4竿立てられる。

Img_0437

Img_0441_2

Img_0442

Img_0443

Img_0444

Img_0445_2

Img_0447_2

Img_0449_2

Img_0451

Img_0452_2

Img_0453_2

*こうして草刈り・掃除・旗立てが無事終了したが、旗竿の重さはかなりのもの。

みんなで力を合わせないとバランスを崩してしまう。

準備が整い、祭り前夜の「宵宮」を待つ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧