« ●大いなる秋田 | トップページ | ▲祭の裏作業-② »

▲祭の裏作業-①

毎年恒例の「諏訪神社祭典」(作祭りとも言う)が9月10日に行われた。

これまで当ブログは何度も紹介している為、「祭り」そのものの掲載は省略し、その裏方にスポットを当ててみる。

①神社境内と町内会館周辺の草刈り及び掃除は、祭り前日の朝5時30分からスタート。

Img_0435

Img_0436

Img_0438

Img_0439

Img_0440

②祭り「旗」の準備と設置。春は「直根神社」の旗が掲げられるが、秋は「諏訪神社」の旗が4竿立てられる。

Img_0437

Img_0441_2

Img_0442

Img_0443

Img_0444

Img_0445_2

Img_0447_2

Img_0449_2

Img_0451

Img_0452_2

Img_0453_2

*こうして草刈り・掃除・旗立てが無事終了したが、旗竿の重さはかなりのもの。

みんなで力を合わせないとバランスを崩してしまう。

準備が整い、祭り前夜の「宵宮」を待つ。

|

« ●大いなる秋田 | トップページ | ▲祭の裏作業-② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ●大いなる秋田 | トップページ | ▲祭の裏作業-② »