« | トップページ | 季節は秋 »

★願ってもない大きな経験

第26回全国市町村交流レガッタ由利本荘大会の「歓迎レセプション」に演奏依頼をいただいた当保存会。

結成から27年だが、このように大きなイベントへの出演は初めてである。

会場は文化交流館「カダーレ」。

「全国大会」というタイトルがついているだけでも、尻込みしそうだ。

スタッフの方々の指示に従ったのだが、演奏までの時間にあまり余裕はなかった。

今回は当ブログの管理人が、VTR撮影などで同行してくれて、心強い味方を得た。

 

今回初ステージのメンバーが1名。

わずかな練習期間にもかかわらず、出場の決意をした「勇気と度胸」には拍手を贈りたい。

1年前ほど前から本メンバーと練習を共にしている、男子奏者が1名。

現役女子高校生が1名。

このメンバー以外は、それこそベテランプレヤーの面々だ。

 

この「カダーレ」という会場、太鼓演奏は今回で3回目。他に獅子舞番楽で1回。4回目のステージではあるが、迷路のような作りは超方向音痴の文責にとって「苦手」以外の感想は思い浮かばない。

誰かについて行かないと(トイレさえも)迷子になってしまう。

駐車スペースは、こういうイベント会場にもかかわらず、スタッフや出演者の分がやっとで、観客のみなさんが利用できるとしたら、ほんの数台程度である。今回は会場の話ではないので、この位で止めるが・・・・・。

①ちっちゃな集落で結成されているメンバーなので、親子や夫婦なども珍しくはない。ありったけ照れながらの撮影。

Img_0514
②初出場の母だが、演奏者としては先輩の娘。この娘と孫の晴れ舞台に応援に駆けつけた「お母さん」。そうですよね。お気持ちお察しいたします。

Img_0528

③観客の数など想像もつかなかったが、何と1,000人以上とか・・・・。立食パーティー式の会場だったが、ステージからでも後ろのテーブルは確認出来なかった。乾杯後の演奏なので、少しざわついていたが、静寂よりは余程心地良い。ともかく、演奏スタート。演奏前の、どことなく緊張感漂う「紋章」。

Img_0530④演奏スタート。心地良い反響効果があり、思った以上の迫力でお客さんには伝わっていると感じた。

Img_0529

Img_0535

Img_0536⑤1曲目は「東(あゆ)の風」。かみ合わないと、とんでもない方向へ行ってしまう難しい曲。引っかかる場面は何度も練習して来たが・・・・・・・・・・・・・。

Img_0540

Img_0543

Img_0546⑥やはり「引っかかって」しまった。しかし、挽回箇所は準備してあり、後半盛り上がり部分だ。全員声を出しながらの演奏で、誰が見ても「曲のラスト」を感じる。「終わり良ければ、全て良し!」。2曲目には、メンバー得意の曲が控えており、充分巻き返しは可能。気持ちを切り替えて、1曲目を終了。2曲目スタート。

Img_0556_2

Img_0559

Img_0563

Img_0567

Img_0568

⑦さすがに自信を持っている曲だけの事はある。1曲目のミスをカバーしようと若干「力み」が見えたが、曲の要所では拍手をもらった。

初出場の彼女曰く、「曲のスピードが速すぎて・・・、ついて行くのが精一杯だった・・」。そうなんです。練習と本番では、緊張の度合いがまるで違うので、どうしてもテンポは走りがちになってしまう。何度もステージの経験を積むと、こういう状況も難なく乗り切れるようになって来るのだ。

演奏終了時にいただいた声援と拍手は、私達に唯一「達成感」を与えてくれる。

こんなに大勢の観客の前で演奏したのは、初めての事。

機会を与えていただいた関係者のみなさんに、心より感謝申し上げます。

また、今後を大いに期待される新人さん達にとっても、願ってもないチャンスを与えていただいた。

この経験が必ずや、今後の演奏活動のみならず、生きて行く糈となってくれると期待している。

|

« | トップページ | 季節は秋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« | トップページ | 季節は秋 »