« 猛暑 | トップページ | ●火の用心、してください! »

▲岩城旧藩祭と、由利本荘市消防訓練大会

7月9日、この小さな集落を二分して行事が行われた。

●岩城旧藩祭「前ノ沢番楽講中」出演

●由利本荘市消防訓練大会 鳥海町の大会を制した当地域分団出場

どちらも「岩城町」での開催で、これもまた奇遇である。

当日は今季一番の暑さの中、どちらも野外開催で、熱中症などを警戒しながらの行事となった。

予想以上の太陽の照りつけに、若干とまどいながらも、番楽は最初のステージで神舞を舞った。終わった後、スタッフの方から「氷水」の差し入れがあり、一同生き返った思いだった。

番楽2ステージ目は天鷺城前広場で、神舞と鳥舞の二演目。

アスファルトの上にゴザを一枚敷いただけだったので、舞手は足袋を履いているとは言え、アスファルトの熱に軽傷ではあったが、「やけど」を負ってしまうアクシデントがあった。

遅めの昼食を取りながら、やはり別会場での消防大会が気になる。電話やメールで聞いてみるが、なかなか返答がなかった。

ほどなくして「優勝」のメールが届き、番楽関係者一同歓声に沸きかえった。

由利本荘市大会で「小型ポンプ操法」1位を獲得。

また、個人に贈られるMVP賞には「指揮者」と「2番員」が選ばれた。

次の大会は、にかほ市と由利本荘市のトップが戦う。これを勝ち上がれば悲願の県大会出場権が手に入る。3年前は、ここで敗退しており、何としても雪辱を果たしたいところだ。

この大会は、にかほ市で行われるが、当日同じくにかほ市で「日本海に響け!太鼓の祭典」に私達保存会が出演する。またしても二分しての行事となる。

思えば私が現役だった、今から15・6年前、町の大会では常連下位分団だった。県大会など見たってどうしようもない!そんな雰囲気だったが、関心の深そうな2人に、県大会のビデオ撮影に行ってもらった。

それを見ながら熱く語る姿こそ、今日の第一歩だった気がする。是非とも夢のステージに立つ彼らを拝見したいものだ。

番楽講中はこの後、盆行事や8月16日の「鳥海獅子まつり」、そして番楽舞がメインとなる「作祭り」の練習に入って行く。

暑さの中だが、太鼓保存会・番楽講中・消防団員、みんな健康で乗り切れるよう、祈る!

 

 

Dsc_0001_5

Dsc_0115

Dsc_0110_2

Dsc_0110


Dsc_0104_2


Dsc_0104


Dsc_0094


Dsc_0084


Dsc_0066


Dsc_0055


Dsc_0048


Dsc_0028


Dsc_0023


Dsc_0016


Dsc_0009_2


Dsc_0008_5


|

« 猛暑 | トップページ | ●火の用心、してください! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 猛暑 | トップページ | ●火の用心、してください! »