« ■7月の前ノ沢行事 | トップページ | ◆たなばたさま »

◎「優勝」おめでとう!!!

7月の前ノ沢行事のトップは「由利本荘市消防団鳥海支団消防訓練大会」だった。早速幸先良く、最高の結果を出してくれた。

「規律訓練」と「消防操法」に分かれて審査されるが、「規律訓練」は町の大会のみで、市の大会以上では適用されない。

町の大会と言えども、十数団体の争いとなり、優勝したチームのみが「由利本荘市の大会」へと駒を進める。

私も過去27年、消防団員として務めさせてもらった。

「消防操法」は、規律・早さ・技を競い、人間ではあるが、機械のように正確な動作が要求される。1秒を争っての競技は、0.5秒たりとも無駄な動作やミスは敗者になってしまう事も多いのだ。

大会となれば想像以上の緊張感が襲ってくる。

ステージ上で行う演奏などは、客席とのラインがあるが、消防大会は、競技の邪魔にならない範囲であれば360度、あらゆる所から見る事が出来るので、応援する人、サポートする人など、大勢のみなさんが見ている。

チーム競技だが、競技者にマンツーマンで審査官が付き、減点法での審査である。

それは正に、スポーツ大会そのものだ。                                

 

私が団員だった頃は、「この大会を制したい!」などの思いは、夢のまた夢だった。

同じ人間が競技しているのに、なぜこんなにも違いがあるのか?何が違うのか?

解析する必要性を後輩達に投げかけ、退団した。

こうして花開いたのは、彼らの長年の努力の賜だ。素晴らしい!!。

 

太鼓保存会も番楽講中も、さらなる前進を目指すには、何をしなければならないのか?しっかり考えて努力と行動を起こさないと結果もついて来ない!彼らには改めてこの事を学んだ気がした。

次の大会も、あと一週間後・・・・・、「健闘を祈る!」

|

« ■7月の前ノ沢行事 | トップページ | ◆たなばたさま »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■7月の前ノ沢行事 | トップページ | ◆たなばたさま »