« | トップページ | ■夢のステージへ »

◆「判断」

7月も後半に入った。

22日・23日の集中豪雨は、秋田全域に襲いかかり、大きな被害を与えた。

こうした自然の力には、誰も逆らう事は出来ない。

 

22日は某施設の「夏祭り」に、私の所属バンドが依頼を受けており、降水確率100%の予報に反し、主催側では野外イベントを強行した。午前10時から準備を進めたが太鼓と違い、電気楽器がほとんどなので、降雨は危険を伴う。

リハーサルを始めて5分も持たず、雨が降って来た。雨よけのブルーシートをかけ、ブレーカー電源を切り、待機したが・・・・・・・・・・・・・・・・・。

雨は止むどころか、時間経過と共に激しくなった。さらには風も出てきて、イベント用テントも吹き飛ばされようかという状況。

そうこうしているうち、風により、キーボードがスタンドから落下。もうだまって見ている訳には行かず、意を決したようにみんなで全てを「撤収」した。修理で復活できればいいのだが・・・・。

事故こそなかったが、甘く見ると大変な事になってしまう。

「安全と無事故」を最優先する「判断」の大切さを痛感した。

Dsc_0005

Dsc_0007

Dsc_0011

Dsc_0012

|

« | トップページ | ■夢のステージへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« | トップページ | ■夢のステージへ »