« ■目の覚めるような秋晴れが欲しい | トップページ | ◆第8回由利本荘市民族芸能大会 »

☁中毒??

少しは願いが御天道様に届いたのか?秋らしい天気が戻って来たように思う。

もうほとんど稲刈りも終わり、田圃に残る稲はほんのわずかとなった。

春4月中旬の種蒔きから始まり、10月前半の稲刈りまで、わずか半年ではあるが、されど半年で、農家のみなさんの管理と作業は大変なものである。刈り入れが終わると田圃はすっきりするが、どこか寂しさを感じる・・・。

10月も半ばを過ぎ、春からの一連行事の「大反省会」が計画された。

他地域の方にその話をすると、「いや~ホント次から次へとよくあるな~」と言われる。

確かにその通りである。

当の私達だが、様々な祭典行事や太鼓・番楽など練習を含めるとみんなと顔を合わせる機会がかなり多い。しかし、これが当たり前だと思っているので、例えば数週間何の集まりもないと、一年も会っていないような感覚に陥るのは、私だけだろうか?。ふと、何か集まれる理由はないものだろうか?とさえ思ったりする。

これもこういう環境下で暮らして来た一種の「中毒」??かも知れない・・・・。            

 

 

*写真は去年の第29回国民文化祭・あきた2014太鼓の祭典(会場あきたふるさと村)での一コマです。当日は館内撮影できなかった為、本番前のみなさんのやや硬い表情です。

Cimg6972

Cimg6988

Cimg6986


Cimg6984


Cimg6981


Cimg6979

|

« ■目の覚めるような秋晴れが欲しい | トップページ | ◆第8回由利本荘市民族芸能大会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■目の覚めるような秋晴れが欲しい | トップページ | ◆第8回由利本荘市民族芸能大会 »