« ☁中毒?? | トップページ | ♣2015前ノ沢行事「大反省会」 »

◆第8回由利本荘市民族芸能大会

10月17日、大内農村環境改善センターに於いて第8回由利本荘市民族芸能大会が行われた。

当イベントには、4年前に続き2回目の出演となった私達「前ノ沢講中」。

本番わずか4日前に予定していた2演目のうち、1演目が披露出来ない状況となり、演目変更せざるを得ない事態となった。プログラムやポスターもすでに出来上がっていたが、舞手の親戚の不幸というどうする事も出来ない事情だった。

急遽替わりの演目をみんなで検討し練習に入った。急な事とは言え、全く心の準備さえ出来ていなかっただろう代役の二人も、練習に入ると細かい動作の確認など、真剣な表情に変わって行った。

出番が6団体中1番だった。芸能開催前の大会挨拶の段階から、ステージでスタンバイしていたので、思いの外待ち時間が長かった。ステージにはなぜか、あのとても危険な「すずめバチ」が一匹・・・・・。誰も被害に合わなくて本当に良かった。

2演目連続だったので、拍子隊は予想外に疲れた。                        

 

いつでもそうだが、ステージに上がるメンバーだけで成り立っている訳ではない。陰でのサポートがとても重要だ。衣装の着付けや小道具の準備、後片付けなどこうしたメンバーがいるからこそ、舞手は安心して集中出来ると思う。

良くできた・・・、失敗した・・・、など出来映え評価もとても大切だが、こうしたメンバー同士の「つながり」無くしては絶対うまくいかないと感じる。

今年の番楽公演は、おそらく今回で最後となると思うが、この後町内では「膜納め」があり、今年一年の番楽行事を締めくくる。

Dsc_0003_2

Dsc_0004_2

Dsc_0007_2

Dsc_0014_2

Dsc_0015

Dsc_0016

Dsc_0017

Dsc_0018

Dsc_0026

Dsc_0028

Dsc_0034

Dsc_0035

Dsc_0037

Dsc_0039

Dsc_0044

Dsc_0049

|

« ☁中毒?? | トップページ | ♣2015前ノ沢行事「大反省会」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ☁中毒?? | トップページ | ♣2015前ノ沢行事「大反省会」 »