« ★「ありがとうございました」 | トップページ | ◆結成20周年に寄せて 最終回 »

★記念公演ストーリー 1

ちょうど一年前の今頃だっただろうか?

「来年は結成20年を迎える・・・」。メンバーの一人が、「記念公演をやろう!!」と言い出した。

私管理人は、お陰様でBAND結成30周年イベントや、これまでの自主コンサートなどで、実現へ向けての大変さを良く知っている。

私を除くメンバーが「やろう!!」という決意を見せてくれたが、どうしても今一つ乗り切れず年を越してしまった。

元旦、ここ前ノ沢町内は「新年会」が行われる。

「今やれる事を全力でやればいい!!」と自分に言い聞かせ実行の決意をし、新年会に出席していたメンバーに伝えた。

そして3日後には、以前から構想していた「烈風」のバンドセッション用スコアをリーダーの茅野氏に渡した。

ついに実現に向けて動き出した。

自分の場合前述したとおり、バンドでのイベント経験があったし、今回は2回目という事もあり、準備に迷う事はそれほどなかった。

平成6年7月に「チャリティー公演」を行った経験があるが、その時は単独公演だった。

しかし、今回はこれまでお世話になった、少なくとも近隣太鼓団体のみなさんにも出演いただきたい。

それは、鳥海町のみなさんへ自分たち以外の素晴らしい太鼓演奏を聴いてもらいたかったからである。

また、自分が所属する「HOTLINE」とのセッションも実現したかった。

そんな想いで、色々準備して行ったが、当然トラブルもあった。

そんな時、練習が終わって一杯飲むのだが、メンバーに辛く当たった事も・・・・。

リーダーとして有るまじき行為であった。

どんどん日にちが過ぎて行く・・・。

自分は緊張ではなく「恐怖」の思いに変わって行くのを感じた。

後戻りできない事は充分承知だったが、「こんな大行事、やらなければ良かった」と何度思ったか知れない。

しかしその思いとは関係なく、ポスター、チケットなどがどんどん出来上がって来る・・・・。

あせりと不安がさらなる追い打ちをかける・・・。こんな自分を見かねたのか、「よし、俺がこの持ち場を引き受ける」と、様々な役割をメンバー自らがかってくれた。

こうして全町内はもちろん、他地区の有志のみなさんにも参加いただき、43名のスタッフが揃った。

本当にありがたいと、心から思った。

何か、愚痴を聞いていただいているようで、申し訳ありません・・・。

このストーリーは、何回かに分けてUPさせていただきますが、「愚痴」バージョンは今回限りです。

すみません・・・・。

前日から、照明・PAも準備に取りかかった。

「天までとどけ生命の鼓動」のステージタイトル看板は、HOTLINEの皆さんがセットしてくれました。

セッションリハーサルでは、BANDは完璧でしたが太鼓の方が合わず、とうとう当日午前のリハーサルに持ち越しとなった。

会場から、町内の練習場に移動し、全員で最終チェックを行い、あと1回だけの最終リハーサルにすべてを託した。

●公演前日の模様を写真でご紹介します。

練習場とは違い、張り詰めた緊張感が沸き上がってきます。

Img_1365

Img_1366

Img_1385

Img_1387

Img_1493

Img_1495

Img_1337

Img_1343

Img_1344

Img_1349

Img_1352

Img_1358

Img_1368

Img_1370

Img_1373

Img_1377

Img_1380

Img_1390

Img_1391

Img_1394

Img_1414

Img_1423

Img_1455

Img_1469

Img_1488

Img_1501

Img_1520

|

« ★「ありがとうございました」 | トップページ | ◆結成20周年に寄せて 最終回 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ★「ありがとうございました」 | トップページ | ◆結成20周年に寄せて 最終回 »