« ■ホテルフォレスタ鳥海公演 | トップページ | ★「諏訪神社祭典」 »

◆結成20周年に寄せてNO.1

今回から、「結成20周年に寄せて」と題しまして、メンバーからのメッセージをお届けいたします。

これまで活動して来た中での苦労話や、思い出、和太鼓への想いなど・・・・

メンバーそれぞれの観点から、思いのままに書いてもらいました。

記念すべき、第1回は、【真坂 立子】さんです。

                                                         

何度も何度も振り返った。

色んな事があった。色んな思いも・・・・・。

20周年、この時を迎えるに当たって沢山の人々に感謝しなければならない。

一番に思うのは、家族。心から、ありがとう。

3人の子ども達。下の子が小学1年生の時だった。

太鼓の魅力も何もわからず、練習場へ向かった。

それから、早や20年・・・・。

忙しかったナ。子ども達を置いて、練習、本番・・・。「ゴメン」と言い残して出かけた事、何度もあった。

本当にごめんなさい。淋しい思いをさせてしまったね。

でも、この長い年月を超えて、今は小さな「応援団」を連れて駆けつけてくれる。

「じィ~じィ!!・・・、ばばちゃん!!、がんばってぇ~!!!」と叫んでくれる。

今離れている息子は、「前ノ沢太鼓」の生のステージを見たいと言ってくれる。

本当にありがたい言葉と思う。

あんなに淋しい思いをさせたのに・・・。

太鼓を続けて来た意味が、わかった様に思う。

天国へ行ったじいちゃん、「天までとどけ!!いのちの鼓動」

「ごめんね」と「ありがとう」を繰り返して来た私達。

今ここで、心から感謝します。「ありがとう」

そして、メンバーにも、「ありがとう!、これからも宜しくネ」。

真坂立子

Img_0902

|

« ■ホテルフォレスタ鳥海公演 | トップページ | ★「諏訪神社祭典」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■ホテルフォレスタ鳥海公演 | トップページ | ★「諏訪神社祭典」 »