« ●謹賀新年 | トップページ | ★ 結成20周年記念イベント開催!!! »

●小正月行事「才の神焼き」

先日1月11日、「才の神焼き」が行われました。

小正月を代表する行事で、沖縄を除く全国で実施されているようです。名称も「どんど焼き」が全国共通と言われています。

この行事の特徴は、藁など(一般的)で作ったやぐらを正月飾りなどと一緒に燃やす事から、「歳神様」を空に送るなどの意味があり、この火で餅を焼いて食べると「風邪をひかない」、または、この火にあたると「無病息災で一年が過ごせる」など、五穀豊穣・家内安全の祈願行事です。また、書き初めを燃やして高く上がると、「習字が上手になる」という言い伝えもあるようです。

地域によってはこの行事にどう関連するのかはわかりませんが、新婚夫婦をお祓いしたり、子宝に恵まれるようになど、お祝いの風習があるそうです。

一部地区の行事と思っていたのですが、全国的行事だったのは知りませんでした。

私達の地域では元々、小正月は(1月15日)番楽の幕開き行事があり、管理人が子どもの頃は「才の神焼き」というのは、ありませんでした。当時は出稼ぎが全盛の頃で、正月に帰ってきた方々も小正月前には戻り、「幕開き」そのものが人手不足の為できなくなり、現在の「新年会兼番楽幕開き」の体制になりました。

従って、ここ前ノ沢地区での「才の神焼き」行事としては歴史が浅く、最近の行事です。元々「親の会・子供会」が立ち上げたものですが(小学生から中学三年まで)、少子化に伴い、現在では子供会の対象戸数は、3戸となってしまい、町内のみんなが参加しないと成り立たなくなっています。

幸い天候にも恵まれ準備も順調に進みました。集まったみなさんで参拝し、子供会の担当で火が入りました。

甘酒、みかん、玉こんにゃくなどが振る舞われ、それぞれが持ち寄った餅を焼き、おいしそうに食べていました。

夏に余った「花火」を持って来た人もいて、真冬の花火を楽しむ事ができて、子ども達も大はしゃぎでした。

大人のみなさんも、御神酒を飲みながら、子ども達の賑やかな声を「つまみ」に微笑みが絶えませんでした。

その後町内会館で反省会が行われ、楽しいひとときを過ごしました。

これから本格的な寒さを迎えます。健康には充分注意しましょう!!

*当日の写真をどうぞ!

Img_9067 Img_9068 Img_9075 Img_9077 Img_9060 Img_9062 Img_9086 Img_9088 Img_9094 Img_9095 Img_9099 Img_9100 Img_9104 Img_9111 Img_9138 Img_9180 Img_9181 Img_9188 Img_9197 Img_9206 Img_9118 Img_9128 Img_9129 Img_9135 Img_9143 Img_9154 Img_9172 Img_9176 Img_9179 Img_9199 Img_9209 Img_9214 Img_9217 Img_9229

|

« ●謹賀新年 | トップページ | ★ 結成20周年記念イベント開催!!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ●謹賀新年 | トップページ | ★ 結成20周年記念イベント開催!!! »