« 2008年直根神社例大祭「注連縄づくり」 | トップページ | 管理人のCMです。どうぞ宜しく!! »

5月5日「直根神社例大祭」当日

前日の「注連縄づくり」「宵宮」から、ご覧いただきたく、お願い致します。その続きとなっております。

前日の夏を思わせる陽気から一転し、肌寒い朝を迎えた当日。どんよりと曇り、いつ雨が降ってきてもおかしくない程でした。                              

*当日集合、8時30分という事で、やや二日酔い気味の方も多いこの時間です。                              

Img_3543 Img_3895_2                                    

左が前日の快晴だった写真、右があいにくの曇り空、今にも雨が降り出しそうな当日、「本祭」の天気です。

                

                 

*それでも元気に子供達も集まって来ました。みんなで記念撮影です。

Img_3896 Img_3900                                    

Img_3910_2 Img_3893                  

*最近、写真左のような、小さい子供を見たのはこの地域では久しぶりです。

さて、いよいよ参拝して「長持ち奉納」の出発を迎えます。               

Img_3911 Img_3914                                         *久々に集まってくれた若者達。今日は宜しく頼むぜ!!「まず、御神酒飲め」「いや~俺、日本酒苦手だ~」てな会話でしょうか?       

Img_3915 Img_3920                                    

普段は、こんなに人が入る事のない「町内会館」、さすがに、テーブルを並べる余裕どころか、座れない人もいる。右は、前ノ沢町内会長と、副会長。みんな道中、気をつけて行って来て下さいと、激励のあいさつ。

Img_3923 Img_3925                                                                            

            *出発の準備です。「わらじって、どうやって履くんだ?」とあちらこちらから聞こえて来ます。無理もありません。わらじを履く機会なんて年に一度、ここでしかないはずですから・・・・   

Img_3929 Img_3930                                                                            

      *立派な、凛々しい若者達が揃いました。これから長くも短くもある、約2時間の道中へ繰り出します。左は、名誉の「名札持ち」を仰せつかった子供。しっかりがんばるんだと、お母さんから激が飛ぶ!!           

Img_3940 Img_3942                                                                            

      *音頭取りに合わせて、道中の要所では「長持ち唄」が唄われる。写真右は、長持ちの先頭を行く、若衆頭と名札持ち。元気に長持ち唄を歌い上げ、ホラ貝を吹き鳴らし、いざ、出発!! 

Img_3950 Img_3958 Img_3959 Img_3962_3

                                    

                                    

                                    

                                    

Img_3963_2 Img_3992_2 Img_3996 Img_4000

*総勢約40名の長持ち奉納参加者です。わずか20戸ほどの集落行事とは思えないスケールの大きさです。ちょうどこの辺は道中の中間地点で、これから、我が町内のメインストリートへと入って行きます。  

Img_4024 Img_4021                                       

*ばあちゃん達も応援に駆けつけてくれました。ありがとう。左は、この広場にいた全員で記念撮影。ここから先は、少々登りのきつい参道へと入って行きます。みんな気合いを入れてがんばるぞー!!!                           

Img_4032 Img_4039 Img_4052 Img_4059

*「この長持ちを、この屋なあえ~御殿によ~、はあ~納め置くだあエ~」と唄い、「臼引き唄」で終了。長時間、みなさんご苦労様。 

                 

Img_4069 Img_4088                                                                            

                *奉納されたばかりの注連縄をかけます。

そしてまたここで記念撮影、うるさいカメラマンの言うことを聞いてもらってありがとうございました。どうぞこれからは、ごゆっくり召し上がって下さいね。                                          

Img_4092 Img_4095                                                                            

                *若衆頭に合わせて、全員で参拝。

道中、各家々でごちそうになった御神酒がここに来て一気に効いてくる。でもまだ祭りは始まったばかり・・・ 

Img_4096 Img_4099                                                                            

                *腹へった~!!、と食欲旺盛な子供達。そうです、神社に到着するのが12時30分位でちょうど昼時。たくさん食べて!、焼きそばもあるど~。写真右は、拝殿の中。ご来賓の方々の席です。  

Img_4103 Img_4119 Img_4123 Img_4126 Img_4129 Img_4113           

                *一気に人数が増え、宴会も盛り上がる。左はカメラを向けられ、管理人に「乾~杯ど がやれ!!」とやらせを強制されるグループ。右は、神社特設ステージでの踊りを見に来てくれたばあちゃん。「ばんちゃ、さびぐねが?」と気遣う孫。                      

*ここからは、子供会、婦人会による「踊り」がはじまります。それでは、どうぞ!!!   Img_4135 Img_4152  Img_4158 Img_4167                       

                    

                   

                                 

                 

Img_4170_2 Img_4175_4 Img_4180_2 Img_4213_2 Img_4230_2 Img_4235 Img_4236_2                            

                                    

*この辺まで来るとこのお祭りも終盤に入って来ます。飛び入り参加大歓迎!!!さあ~、みんな踊って!踊って!音楽のボリュームも次第に上がって来ます。

*という訳で、二部に渡りご紹介した「直根神社例大祭」の模様でした。小さな集落の子供から老人まで一人一人の力を結集した、手づくりそのもののお祭りです。ある何かの講義で、祭りを支えていくのは「若者とバカ者と見る者」であると聞きました。これは、作物の三大栄養素「チッ素、リン酸、カリ」に相当し、この三者がいないと祭は成立しないと・・・・・。確かにその通りと思いませんか?。後継者問題(若者や子供達の減少による)が深刻化している現状、この形式をどこまで維持できるかはわかりませんが、可能な限り続けて行けたらと、皆願っております

参加した皆さん!本当にご苦労様でした。また来年も宜しくお願い致します。

このお祭りが終わると「田植え」の時期を迎えます。

|

« 2008年直根神社例大祭「注連縄づくり」 | トップページ | 管理人のCMです。どうぞ宜しく!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2008年直根神社例大祭「注連縄づくり」 | トップページ | 管理人のCMです。どうぞ宜しく!! »