« よいお年を!! | トップページ | 「冬本番」 »

今年も宜しくお願いいたします

新年あけましておめでとうございます。

昨年中は大変お世話になりました。

今年も宜しくお願いいたします。

比較的穏やかな新年を迎えておりますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

管理人が子供の頃(昭和40年代初期)は、11月中旬には、かなりまとまった雪が降っておりました。まして年越しの夜ともなれば、外は猛吹雪。早朝から家族が「年越し」の準備をせっせとやっていました。その頃は、一人一人にお膳が据えられ、正月でなければ食べられない珍しいごちそうが並ぶものでした。

その一部をご紹介しましょう。「大根なます」「黒豆の煮物」「酢だこ」「茶碗蒸し」「炭火で焼いたハタハタ」「きんぴらごぼう」「納豆」「数の子」などです。納豆は自家製でした。ゆでた大豆を藁の中に入れる古来の製造法です。もちろん、現在市販されているようなものではなく、大きな大豆に、粘りけがない、いわゆるあまり「糸」を引かない納豆でした(これはあくまで管理人宅の年越し風景ですのでご了承下さい)。今の時代はどれをとっても、いつでも食べられる品々ですね。

それでも、私の父に言わせれば「昔の味」ではないそうです。私も同感できる部分があり、「牛乳」ひとつを取り上げてもそうです。昔農家では、おおかた牛や馬を飼っているものでした。私の家も乳牛を飼っており(ジャージー種)、その牛乳を飲んでいました。

現在市販されている「ジャージー牛乳」とは別物と思う程濃厚で、白ではなく黄色っぽい牛乳でした。おそらく昔と今の食べ物の違い(牛の)も原因の一つではないかと思うのですが・・・・。やはり昔は、刈ったばかりの新鮮な「草」を食べていたと思います。また、冬場に備えて夏に「とうもろこし」を刈り、「サイロ」と呼ばれるブロック積みの貯蔵庫へ食料を確保したりと・・・随分なつかしい光景です。すみません。あっちこっちと話が飛んでしまいましたね。

その季節が来ないと食べられなかったものが、いつでも食べれるようになったり、時代の進化と共に豊かになるのはよしとして、降るべき時期に雪が降らなかったり、40℃にもなる気温はいかがなものでしょうか?「そういう年もある」という偶然ではなく、やはり少しづつ地球環境が犯されているのだと思います。一人一人が節電、節水やゴミ分別によるリサイクル化など、何か地球にできる「やさしさ」を継続しなければならない時期ではないでしょうか?

さて、前ノ沢町内会の新年会が1月1日に行われました。今はこうして町内で集まって年始の挨拶や「新年会」をする所も少なくなっているとか・・・。午前10時参拝~という事で、早くも遅くもない時間と思うのですが、以前は午前8時とか早い時間でした。でも驚くなかれ、午前6時~という所もありました(矢島のある地区)。おおかた新年の挨拶を交わし、お神酒を飲んで解散と思いきや、延々と行われるそうです。年に一度の事とは言え、大変な行事ですね。

私達の新年会の特徴は、飲み物(酒類)、一重(肴、つまみなど)を持参するもので、各家々の個性あるものが並びます(今回カメラを持って行かなかったので、写真がないのが大変残念です)。きのこやわらびの漬物などは、珍しい部類ではないでしょうか?「ハタギ」の(いなご)佃煮などもそうです。今年も宜しくと、杯を交わしながらこの一重がみんなのところへ回って来るので、移動する事なく、それぞれのごちそうをいただけます。手渡し式の回転テーブルとでも言いましょうか。実に暖かさを感じる場面です。

大体昼を過ぎたあたりで番楽の獅子舞で「幕開き」となり、帰宅の頃には、酔いも適度を超えてしまい、家に着くなり、そのまま寝てしまうという(つぶれる)のが常でした。もう今年からはつぶれるのはやめようと決め、とりあえず初年度はクリアしました。

私の場合、今年の年末年始休暇は結構長く(そうでなかった方々には申し訳ない)、かなり余裕のあるものでした。それでも、いつになく有意義に過ごした時間だったのでは?と思っております。みなさんはいかがでしたか?

2008年もみなさんにとって良い年でありますよう、お祈りいたします。本年も「鳥海前ノ沢太鼓保存会」を宜しくお願いいたします。

|

« よいお年を!! | トップページ | 「冬本番」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« よいお年を!! | トップページ | 「冬本番」 »